本の学校出版産業シンポジウム2020 第2フォーラム なぜいま小さな本屋が増えているのか

Description

本の学校出版産業シンポジウム2020 オンラインで本の“いま”を語ろう
第2フォーラム なぜいま小さな本屋が増えているのか 日本と韓国での本屋創業事情を語る


■パネリスト:大井実(ブックスキューブリック)、キム・キジュン(サンイル文庫)
■コーディネイター:白源根(本と社会研究所)、星野渉(文化通信社)

日本ではかつて2万軒以上あった書店が1万店を下回るまで減少しています。その一方で、小規模書店を開業する人々が増えているように見えます。また、韓国では2015年に70店余だった個性的な個人書店やブックカフェなどが400店ほどに増えているそうです。なぜ、この時代に書店開業を目指す人々がいるのかを、10年前に書店を創業し、書店開業を目指す若者たちをサポートしているブックスキューブリックの大井実氏と、アメリカ留学後に故郷の町(クミ)にサンイル文庫を開業したキム・キジュン氏が対談します。
______________________________________

※本イベントは配信のみでご参加いただけるイベントです。詳細につきましてはページ下部をご確認ください。
※その他のフォーラムのご案内は「NPO本の学校 開催予定のイベント」ページをご覧ください。
______________________________________

<登壇者プロフィール>
白源根(ベク・ウォングン) 
1993年から東京滞在、1995年韓国出版研究所責任研究員、2015年から本と社会研究所代表。文化体育観光部定期刊行物諮問委員会委員、出版都市文化財団理事、京畿道地域書店委員会委員長、韓国出版学会副会長など。2016年に「書店の日」(11月11日)を韓国書店組合連合会に提案、毎年恒例の記念式開催。

金基重(キム・ギジュン) 
米国・アリゾナ大学卒、韓国・延世大学グロバルMBA大学院卒、2005年㈱三一代表、2017年三一文庫(サンイルブンコ)代表。ハンギョレ教育文化センター講師など務める。著書に『幸せな苦しみ』(2014)

大井実
1961年福岡市生まれ。同志社大学文学部卒業。東京、大阪、イタリアなどで、ファッション関係のショーや現代美術の展覧会などの企画・制作に携わった後、2001年福岡市のけやき通りに新刊書店ブックスキューブリックを開業。2006年ブックイベントの先駆けとなった「ブックオカ」を有志とともに立ち上げ、実行委員長を務める。2008年にカフェとギャラリーを併設する箱崎店をオープン。2016年には同店内にベーカリーを開設。トークイベントや展覧会を次々に開催しながら、本を媒介に、人が集い、町と人をつなぐコミュニティづくりへと活動の枠を広げている。2017年1月に『ローカルブックストアである』(晶文社)を上梓。

■会場:オンライン開催 ※Zoomウェビナーを使用
■参加費:2,200円(税込) ※事前申し込み・クレジットカード・コンビニ決済による前払い制
■お問い合わせ:本の学校事務局 0859-31- 5001
■主催:特定非営利活動法人 本の学校
■後援:日本書店商業組合連合会 書店新風会 日本書籍出版協会(予定) 日本雑誌協会 日本出版インフラセンター 出版文化産業振興財団 版元ドットコム 日本出版学会

※参加者の方々には事前に、Peatix内メールにてオンライン視聴の方法をお伝えいたします。
※アーカイブ配信はございません、ライブ配信のみです。
※本公演をご視聴いただくためには、PC/タブレット/スマートフォンが必要になります。
※領収書の発行をご希望される方は「参加者ヘルプ / 領収書にアクセスする 」をご確認ください。
______________________________________

【配信での参加につきまして】
・配信はZoomのウェビナー機能を使用いたします。
・インターネット接続環境下のPCやスマートフォン、タブレットからのご視聴が可能です。
・配信はリアルタイムのみでご視聴いただけます。録画での視聴はできませんのでご注意ください。
・視聴は登録制です。1名分のチケットで複数人がご登録されている場合はご連絡もしくは配信の停止を行うことがございます。ご注意ください。
・ご利用の通信環境により配信の遅延が起こる場合がございます。ご了承ください。

【キャンセルにつきまして】
・ご購入直後にイベント配信用のURLが送信される都合上、お客様都合によるキャンセルは承っておりません。何卒ご了承ください。

【Zoomウェビナーご参加までの流れ】
事前にZoomのダウンロードをお願いいたします。PC/タブレットの場合は、以下ページ内の「ミーティング用Zoomクライアント」を、スマートフォンの場合は画面を下へスクロールしていただき、「Zoomモバイルアプリ」のダウンロードをお願いします。
(スマートフォンで下記URLにアクセスいただければiOSはApp Storeに、AndroidであればGoogle Playが立ち上がります。
自動で立ち上がらない場合は各ストアで「Zoom」と検索をお願いいたします。)
https://www.zoom.us/download#client_4meeting
なお、いわゆるガラケー(フィーチャーフォン)では視聴することができません。

■STEP. 1
ご決済済みの方にZoomウェビナー招待のURLをお送りいたしますので、そのURLをクリックしてください。クリックしていただきますと、Zoomウェビナー登録画面に遷移します。

■STEP. 2
Zoomウェビナー登録画面で、お名前、メールアドレスを入力し、参加登録。
※参加時に入力するお名前は、他の参加者には表示されません。
※今後のご案内重複防止の為、フルネームでのご入力をお願いします。
※通信状況などで接続が切れた場合でも、同じURLから再入室することができます。

■STEP. 3
登録していただきますと、画面下部に「このURLをクリックして参加してください。」という一文の横に当日ご視聴いただくためのURLが表示されます。
またZoomウェビナー登録時にご入力いただきましたメールアドレス宛にも、本の学校より自動的に視聴用URLが記載されたメールが届きます。
当日メール文内の「ここをクリックして参加」を押していただけますと視聴することができます。
※当日は10分前より入室可能となります。それ以前にURLをクリックすると、規定の時間まで入室待ちの状態となります。URLをクリックした後の画面で場合、「ウェビナーは2020/11/07に対してスケジューリングされています。3:00午後で開始」と表示が出ていれば、視聴準備が整っている状態です。

■STEP. 4
講演当日、送られてきたメール内の視聴用URLをクリックしていただきますと、インターネットブラウザが立ち上がり、Zoomの起動画面に自動遷移します。ページ内にある「Zoomを開く」のリンクをクリック。10分前より入室可能となります。

■STEP. 5
時間になりましたら講演開始となります。
※セミナー配信時の録画・録音は禁止させていただいております。
※参加者様同士で、お名前や聴講状況が公開されることはございません。
※安定したネット通信環境のもとでご視聴いただければ幸いですが、通信状況の問題で接続が切れた場合でも、同じURLから再入室することができます。

<よくあるご質問>
Q. 途中退室または途中参加は可能でしょうか?
A. 可能です。ただし配信内容の録音録画は出来ません。

Q. マイクやカメラはないのですが、参加できますか?
A. インターネットに接続できる環境があれば、WEBカメラやマイク機能のない/追加機器をつけていない端末であってもご参加、ご視聴頂けます。

Q. 事前登録をしていませんが参加できますか?
A.申し訳ございません。事前お申込みを頂いた方のみご参加いただけます。
__________________________________________________
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#774554 2020-10-13 04:46:51
More updates
Sat Nov 7, 2020
3:00 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
第2フォーラムチケット ¥2,200

Combini / ATM payment will be closed at the end of Nov 6, 2020.

Organizer
NPO本の学校
77 Followers